米国最大のアジア系婚活サービス East Meet East、シリコンバレーVC等より総額4百万ドルを調達し、デジタルガレージとAIプロジェクトを開始

4.12.18

英語圏在住のアジア人に特化して、独自のマッチングシステムでパートナーとの出会いを提供する米国最大規模の恋活・婚活サービスEast Meet East, Inc. (本社:米国ニューヨーク市、CEO:時岡真理子、以下:EME)は、株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁)と株式会社大和証券グループ本社(東証一部 8601、本社:東京都千代田区、執行役社長:中田 誠司)が合弁で設立した株式会社DG Daiwa Venturesが運営するDG Labファンドから出資を受けました。同時に、EMEとDG Labは共同でAI技術によるマッチング最適化プロジェクトを発足させ、マッチングアプリ独自の多面的なデータと機械学習を駆使した業界一のシステムの開発、ユーザーエクスペリエンスの向上を目指します。

EMEは並行して、モバイル・インターネットキャピタル株式会社、株式会社セプテーニ・ホールディングス、朝日メディアラボベンチャーズ、APAMANグループ、個人投資家および既存投資家などに対し、総額4百万ドルの第三者増資割当を実施いたしました。

前述のAIプロジェクトに加えて、今回の増資を機にEast Meet East, Inc.は、アジアでの新サービス「WestEastDating」の展開を積極的に進めていきます。

EMEは、英語を主要言語としたアジア人を主な対象とした恋活・婚活マッチングサービスとして、2013年11月、米国ニューヨークでローンチしました。米国移住時の年齢や母語といったアジア人の結婚における関心事項に的を絞った検索でマッチング率を最大化し、これまでに数多くの出会いを提供してきました。現在はアメリカ、オセアニアの主要都市に展開。北米ではウェブ、アプリともに「アジア人の恋活・婚活サービス」として定着しつつあります。

【DG Labについて】https://www.dglab.com
株式会社デジタルガレージと株式会社カカクコム、株式会社クレディセゾンが共同で設立し、運営するオープンイノベーション型研究開発組織。

【East Meet East, Inc.について】
英語を主要言語としたアジア人を主な対象とした恋活・婚活マッチングサービス「EastMeetEast」を展開。本社は米国ニューヨーク市タイムズ・スクエア。

サイト概要

Webサイト:https://www.eastmeeteast.com/

アプリ概要

サービス名: EastMeetEast
価格   : 無料
リリース : 2014年7月
対応端末 : iOS 7.0以上
提供場所 : App Store
URL    : https://itunes.apple.com/jp/app/east-meet-east/id890664813

EAST MEET EAST, INC.

設立年月:2013年10月
代表者 :CEO 時岡 真理子
所在地 :32 W 39th Street, New York, NY 10018