East Meet East、シリコンバレーVC 及びメルカリ創業者などから
資金調達を実施 ~モバイルファースト増強と北米以外の英語圏への展開を開始~

3.30.16

アジア人コミュニティに、独自のマッチングの仕組みを駆使してパートナー探しを提供する婚活サービス、EAST MEET EAST, INC.(所在地:アメリカ ニューヨーク、CEO:時岡 真理子、以下「EastMeetEast」)は、500 Startups Mobile Collective Fund、East Ventures、株式会社iSGSインベストメントワークス、株式会社ディー・エヌ・エー、山田進太郎氏などに対し、第三者増資割当を実施いたしました。

増資後の事業方針

  1. モバイルファーストを更に推進します
    モバイルマッチングサービスの平均時間がウェブを上回り、大手インターネットマッチングサービスにおいてもモバイル比率が50%を超える中、モバイルを前面に押し出すことは急務となっています。EastMeetEastではゲーム性をもった機能を組み入れていくなど、モバイル機能を充実させるため、モバイル開発チームの人員強化をおこなっていきます。

  2. ユーザーの満足度および売上はマッチング成功率と比例するため、さらにマッチングの精度を向上させます
    米国移民者の中でもアジア人の増加率が際立って高い一方、アジア人種は言語や文化習慣が多様なことで知られています。この多様な人種のユーザーの属性に注目したユニークなマッチングもできる機能を開発していきます。

  3. 英語圏での#1 Asian Dating Site/Appとしての地位を固めます
    すでに地位が確立されつつある米国に加えて、英国、加州、豪州、香港、シンガポールでの認知度を上げるべく積極的に展開していきます。これらの地域は合計で米国に匹敵するアジア人の人口を擁し、獲得ユーザー成長率倍増を目指します。

「EastMeetEast」について

EastMeetEastは英語を主要言語としたアジア人を主に対象とした恋活・婚活マッチングサービスとして2013年11月にニューヨークでローンチして以来、急速に成長。その後ロサンゼルスおよびサンフランシスコなどの街に展開し、サイト・アプリ共に北米では定着しつつあります。サービスの特徴としては、米国移住時の年齢、母国語など、アジア人の関心事項に的を絞った項目を検索条件・アルゴリズム入れることによって、マッチングの成功率を最大化するところにあります。ニューヨーク市ウォール街が本社。共同創業者のCEO時岡真理子およびCTOの江島健太郎を含むチームがサービスの開発・マーケティングに携わっています。 


EAST MEET EAST, INC.

設立年月:2013年10月
代表者:CEO 時岡 真理子
所在地:110 Wall Street, New York, NY 10005
URL:https://www.eastmeeteast.com
iOSアプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/east-meet-east/id890664813